原因

運動不足が原因!?手汗は運動で改善できるの?

投稿日:

手汗の原因の一つに運動不足があります。

運動と手汗を関係づけるのは少し難しいかもしれませんが、しかし、運動不足と手汗はある種密接な関係にあるといえるのです。

ここでは、運動不足で手汗が出てしまう原因について詳しく紹介していきます。

運動不足は手汗の原因になる

運動不足で手汗が止まらなくなる原因は大きく分けて2つ。

  • 汗腺の退化
  • ストレスの発散ができない

運動不足によって起きるこの2つの要因が手汗を止まらなくさせる原因となるのです。

汗腺の退化

私たちの体にある汗を出す器官「汗腺」は、汗をかかない期間が続くと退化してしまいます。

汗腺が退化してしまうと、通常なら汗をかく部位から汗が出ず、体の一部分から大量に汗を出すようになってしまうことがあるのです。

私達の体には無数の汗を出す汗腺が存在しますが、その数は体の末端に行くほど多くなっていきます。

そのため、胸やお腹、背中などの汗腺が退化してしまうと、代わりに手や足、頭から出る汗の量が増えてしまう可能性があるのです。

ストレスの発散ができない

運動は溜め込んだストレスを発散するのにとても役立ちます。

運動不足のあなたは、日ごろのストレスの発散場所を見つけられずに、ストレスをため込んでいる可能性があるといえます。

そんな溜め込んだストレスは、手汗の発汗を促す自律神経の「交感神経」の働きを活発にして手から汗を異常に発汗させてしまう可能性があるのです。

ストレスは自律神経を見出し、自律神経の乱れはホルモンバランスを崩します。

自律神経とホルモンバランスは密接な関係にいるので、ホルモンバランスが崩れることによっても手汗の量を多くしてしまう要因となるのです。

ストレスが発散できないと、体の様々な器官に悪影響を及ぼし、手汗の原因にもなってしまうのです。

運動不足の解消は手汗の改善に期待を持てます

適度な運動は汗腺の働きを整え、ストレスの発散に役立ちます。

運動と手汗は密接な関係にあるといえるので、運動不足を解消することで手汗の改善にもつながるといえるのです。

しかし、運動不足による手汗の症状は、長期に渡ってあなたの体に溜め込んだストレスや機能異常によって引き起こされるもの。

そのため、運動をしたからといってすぐに手汗がなくなるということはありません。

また、運動不足を解消したからといって必ずしも手汗がなくなるとも言えません。

運動不足は手汗の原因の1つですが、もしあなたの手汗が止まらない原因が運動不足のほかにもあるのであれば、運動不足が手汗を改善してくれることはないのです。

手汗は手掌多汗症という病気の1つです。

病院に行かずに手汗をなくすには、まずは1つずつ手汗が出る原因になる要因をなくしていく必要があります。

自分でできることをして、それでも手汗が止まらない場合、そのときは病院に受診することをおすすめします。

-原因

Copyright© 速攻!今すぐ手汗を止める対策まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.