原因

睡眠不足で手汗が止まらなくなる!?睡眠時間と手汗の関係

投稿日:

睡眠時間が短かったり就寝時間がいつもバラバラなあなたは、睡眠の質の悪さが原因で手汗が出ているのかもしれません。

このページでは、睡眠の質や長さによって手汗が出てくる原因について紹介します。

質の悪い睡眠は手汗の原因になる

質の悪い睡眠を毎日とっていると、自律神経のバランスが乱れて手汗が止まらなくなる原因になります。

私達の体には交感神経と副交感神経という2種類の自律神経が働くことによって「活発に動くとき」と「リラックスするとき」のメリハリがついています。

しかし、手汗で悩んでいるあなたにとって厄介なのが活発に動くために働く「交感神経」の存在です。

交感神経は汗腺という汗を出す器官を刺激し、発汗を促す作用があるのです。

睡眠と交感神経と手汗の関係

自律神経は良質な睡眠によって整えられます。

そのため、睡眠時間が短いあなたは体の中で自律神経の切り替えがうまくいっておらず、交感神経が異常に働いてしまうことで手汗が止まらなくなる原因になっている可能性があるのです。

また、就寝時間がバラバラなあなたは生活習慣の1つである睡眠の時間が規則正しくないことで自律神経のバランスがうまく整っていない可能性があります。

睡眠時間が短くなったり、就寝時間にばらつきがあると交感神経が過剰に働いてしまう状態となってしまうのです。

そして、就寝前に交感神経を働かせないことにも注意しましょう。

交感神経は睡眠の質を悪くする

就寝前に交感神経を働くような行動をとってしまうと、睡眠の質を一気に低下させる原因になります。

あなたは就寝の直前までスマホをいじったりテレビを見たりゲームをしたりしていませんか?

また、仕事やテスト、デートのなどのプレッシャーのかかる前日でもないのに無駄にプレッシャーを感じながら毎日過ごしたりしていませんか?

こういった緊張や液晶を見る行為は交感神経を働かせる刺激となります。

本来、睡眠前には副交感神経を働かせて体と心をリラックスさせた状態になるものです。

しかし、プレッシャーを感じすぎてしまったり、就寝直前まで液晶たりと交感神経を刺激するようなことをしてしまうと、交感神経が働いたまま睡眠をとることになります。

良質な睡眠をとるには、就寝時の交感神経の働きを抑える必要があるのです。

良質な睡眠が手汗の原因を取り除くポイント

手汗で悩むあなたが睡眠の質が悪いと感じているのであれば、まずは睡眠の質を上げる工夫をしてみましょう。

睡眠の質を向上させれば交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまくできるようになります。

自律神経が整えば過剰に汗腺を刺激することもありません。

睡眠不足や就寝時間のばらつきによって出る手汗は、睡眠の質を向上させることでよくなるかもしれません。

-原因

Copyright© 速攻!今すぐ手汗を止める対策まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.